組合の紹介 

(協)長崎県鉄構工業会 組合ホームページ理事長挨拶

協同組合 長崎県鉄構工業会

相良 兼一

協同組合長崎県鉄構工業会のホームページをお開きいただきましてありがとうございます。
私どもは、建築用鉄骨の製作・組み立てを行う工場が集まって、1972年(昭和47年)に任意団体「長崎県鉄骨建築工業会」として会員16社でスタートしました。
その後会員数も増加し、1980年(昭和55年に法律に基づく組合法人として「協同組合 長崎県鉄構工業会」を設立し今日に至っており、現在の加盟組合員は20社となっております。
私どもが手がけている鉄骨製品は、たとえば大きいものでは横浜ランドマークタワーや東京都庁ビルのような超高層ビルの骨格となる鉄骨をはじめ、高層マンション、長崎駅かもめ広場の半円形ドームの鉄骨、長崎県美術館などがあります。
いわば、建築鉄骨という建設業のなかの専門工事業として一翼を担っておりますが、その建物の中で暮らす人々の安全を確保するために、鉄骨の製作工程では厳格な品質管理が求められ、組合加盟の各工場では日夜厳しい品質確保の努力がつづけられており、国土交通大臣の性能評価認定工場として製作技術者の技術力向上にも日頃から努めております。
また、鉄骨製品は将来再利用が可能なため環境に優しく、柱間のスパンが広く、地震に強いという理想的な建築材料として、これからますます鉄骨建築物が増加すると考えられます。
これからも、安全で、品質の高い鉄骨製品を、少しでも安く供給できるように業界として取り組んで参ります。
鉄骨は「硬い」「冷たい」というイメージがありますが、鉄骨を知れば知るほど、意外に「柔らかく」「暖かい」かも知れません。
どうか、これからも私ども鉄骨業界に暖かいご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

組合の沿革・事業概要

事務所写真
組合名称
協同組合 長崎県鉄構工業会
所 在 地
〒851-2126
長崎県西彼杵郡長与町吉無田郷2026-1 石本ビル(2F)
(JR長崎本線 長与駅前徒歩2分)
電  話
095-885-7700
FAX
095-887-0011
E-mail
info@n-sf.or.jp
代表者名
理事長  相良 兼一
設立年月
昭和47年(1972年)10月 任意団体「長崎県鉄骨建築工業会」として設立。
昭和55年(1980年)12月 組合法人「(協)長崎県鉄構工業会」として認可。
組合員数
20社(平成26年4月現在)
資本金
260万円(平成26年4月現在)
主要事業
  • 組合員企業の経営安定のため、経営及び技術の改善・向上、また教育及び情報提供を行っています。
    1. 国土交通大臣認定工場の資格取得とPR
    2. 各委員会活動、組合員の活性化
    3. 全国業界組織 全国鐵構工業協会、九州支部との連携
    4. 最新技術習得の為の講習会・研修会の開催
    5. 平成20年~23年人材確保推進事業を展開
  • 平成21年度、産・学・官において発足された「長崎県建築鉄骨研究会」では、現在事務局を務め、建築鉄骨に関連する情報及び認識の共有を図るべく、技術講習会、法改正講習会、意見交換会等へも積極的に参加しております。
    また、県建設専門業種団体協議会、日本建築構造技術者協会(JSCA)、建築設計事務所協会との連携・強化に務めていきます。

大きな地図で見る

活動内容(平成27年度)

総務・経営対策委員会

  • 適正価格による受注の推進
  • 関係行政機関・教育委員会等への陳情活動を強化する
  • 行政・設計事務所・施主等関係先に対する性能評価認定工場の周知徹底、認定工場のPR
  • 大型物件・公共建築物などの優先受注のため「特記仕様書への認定工場指定」の積極的な要望活動
  • 指定塗料・ノコ刃についての購入促進。その他共同購買の検討。生命共済への加入促進
  • 賛助会員加入の推進

検査・技術委員会

  • 評価基準に適応する溶接部の品質確保、「鉄骨製作管理体制」の充実
  • 「技術・品質サポート制度」に基づくサポート体制の推進
  • 新技術、法改正に伴う講習会の実施
  • 検査技術者・鉄骨製作管理技術者資格取得の促進

見積・積算検討委員会

  • 積算環境の再度確認
  • 積算見積方法の統一化